忍者ブログ
[14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7]

DATE : 2017/10/24 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2010/01/28 (Thu)
回線切替の裏事情に関するナッツの飼育係のつぶやき


そもそもなんで今の「ひかりone Tタイプ」を使用するに至ったかの経緯を説明すると、「ひかりone Tタイプ」はもともと東京電力が提供する「TEPCOひかり マンションタイプ」だったのだが、東京電力がサービスから撤退しKDDIが引き継いで「ひかりone Tタイプ」となったものだ。うちのマンションにひかりが来たときはTEPCOひかりとフレッツ光が使えたががおそらく同マンション内の住人の多くはNTTのフレッツ光を選択することを予測し、TEPCOひかりで快適、高速を確保しようと思ったのだ。これは正解でおそらく当マンションでは「ひかりone」はうちだけで独占してきたのではないかと思う(回線速度計測サイトなどではかなり好成績だった)。
どこの世界でもネームバリューとか知名度は絶対だ。どこかのリドメ業界もそうだが、一般人は何かを選ぶとき自分で評価せずよく聞く名前、よさそうな名前、世間の評判などに流される。通信においてNTTよりTEPCOを選んだ筆者などは全くへそ曲がり者以外の何者でもない。そのつけがとうとう回ってきたということか。

しかし回線切替後のことを思うと同マンション全世帯がNTTになるのでサイトのレスポンスへの影響が心配だ。
場合によってはCATV回線も使って負荷分散するか? DNSラウンドロビンみたいなサービスを提供しているDNS業者でも探さないといけないかも。


【開通】NTTフレッツ光開通で最大5,0000円キャッシュバック さらにナッツのポイントバックで9,750円ゲット 
【成約】シンプル&低価格のADSL接続サービス「Bstandard」 ナッツのポイントバックで3,575円ゲット
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]